年収

貧乏サラリーマンが年収を100万円上げるために取った戦略

投稿日:

資産を築き上げるというのは、資本主義社会で生きるために必須のことです。お金持ちであろうと、普通のサラリーマンであろうと、多かれ少なかれ人は資産を蓄えながら生きていくことになります。

資産を築く方法は、いたってシンプルです。収入を上げ、支出を抑え、たまったお金を投資に回す。この3つだけです。

(参考記事)サラリーマンが確実に資産を増やすために必要な3つの行動

今回はこの3点のうち、1番目の収入を上げる方法について見ていきます。

私はかつて研究者をしていましたが、非正規雇用のため収入は安定せず、資産を築くどころの話ではありませんでした。その後、研究者の道は諦めて民間企業に就職しますが、社会人経験もなかった私は給料も少なく、いつまでたっても貧乏サラリーマンのままでした。

そんな私がどうやって年収を上げていったのか、具体的な方法をご紹介したいと思います。

目標として、まずは年収100万円アップを目指しましょう。支出額をうまく抑えれば、この金額がそのまま投資に回せます。そうすれば投資の利回りにより、資産は徐々に増加していきます。

転職こそが収入を上げるための最高の方法

年収を上げるもっとも手っ取り早い方法、それは転職することです

研究者を辞めて民間企業で働くようになってから、収入は安定しました。しかし途中入社だったため給与はそれほど高くなく、また昇給のスピードも非常に遅いものでした。

そこで私は一念発起し、積極的に転職活動をすることにしました。

下の図は、転職する前とした後の、我が家の資産総額の推移です。

ご覧になってお分かりの通り、転職した直後(図の赤い矢印)から資産額が増加するようになりました。また毎月安定して貯金できるようになったため、途中から株式等の資産運用にも挑戦することができました(図の赤や黄色の部分です)。

転職で年収アップをするために心がけた事は、必ず同業者の中(要するに競合)から転職先を見つけると言うことです。そうすることで、それまで培ってきた経験やスキルがそのまま生かせ、高い評価につながるからです。

競合他社に転職するなどと言う事は昔は考えられませんでしたが、欧米型の雇用形態ではごくありふれた光景です。

かつては、1つの会社に長くいればいるほど得をするような時代がありました。年功序列で自動的に給与は右肩上がりで、仕事内容はほとんど変わっていないにもかかわらず役職がつくような人が数多くいました。

このような旧来の日本型雇用システムが急速に崩壊を迎えつつある今、黙っていて年収が上がると言う時代は終焉を迎えつつあります。そんな中で転職と言うのは、年収を積極的に上げるための強力な武器となります

一方で必ずしも転職をしない方が良い人もいます。まさしく、旧来型の日本の大企業に新卒で入社したような人です。こうした人たちは、入社直後こそ給料は低いものの、年齢が上がるにつれて年収はうなぎ登りに上がります。福利厚生や退職金制度も充実しており、長く働けば働くほど得をするような仕組みになっています

大企業の仕事は退屈で、やりがいがないかもしれません。こうした人たちは仕事にやりがいを求めるのではなく、それ以外の生活を充実させることを心がけるべきです。例えば空いた時間で副業や不動産投資などに挑戦することで、退屈な勤め人の人生そのものから卒業することも可能です。

副業をすることで資産増加のペースを加速させる

年収を上げるために次に私がしたこと、それが副業です

副業の方法はいくつか知られていますが、私がサラリーマンにお勧めする副業は資産ブログの構築です。

ブログと言うと、日記や読んだ本の感想などをイメージする人が多いかもしれません。しかしそれらはあくまでも趣味の延長であって、資産にはなりえません。

資産ブログとは、読者にとって有益な情報を収集し、わかりやすく解説し、読者が欲しいと思うものを提供するブログのことです。こうしたブログに広告を貼ることにより、資産価値の高いブログを構築することができるのです。世間一般では、アフィリエイトと呼ばれる副業になります。

アフィリエイトの詳細については、また別の記事でご紹介したいと思います。私はアフィリエイトに本格的に取り組み始めた初年度で100万円を、今では毎月10万円程度の収入を得ることができるようになりました。

副業収入が入るようになると、資産の増加が一気に加速されたような感覚になります。資産ブログは、いちど作ってさえしまえば後は勝手に収益を生み出してくれます。働いた分だけしか稼ぐことができない会社員と異なり、資産ブログは不労所得に限りなく近い収益をもたらしてくれるのです。(もちろん、そこに至るまでにはかなりの作業量が必要ですので、安易に「不労」などというべきではありませんが。。)

なお日本の会社はほとんどの場合副業を禁止していますが、複数の会社から給料をもらうような副業をしない限り会社にばれる可能性は非常に低いです。あまり気にする必要はないでしょう。

副業するために転職するという発想

このように私は転職と副業を組み合わせることで、年収を100万円以上アップさせることに成功しました。

ここで大事なのは、転職と副業のバランスをうまく取ることです

例えば転職することによって100万円の年収アップができたとしても、激務に次ぐ激務で、肉体的・精神的な負担が高い職場になるということもありえます。この場合、接待や付き合いの飲み会のせいで、かえって支出額が多くなってしまうこともありえます。

そうなってしまえば、もはや副業どころではありません。私生活は疲れた体を休めるだけで精一杯となってしまうでしょう。

それよりは、仕事の強度が低く、のんびりと働ける職場に転職したほうがマシです。さらに、そこで年収50万円くらい上げることができれば上出来でしょう。

残りの50万円は、プライベートな時間をアフィリエイトなどの副業に充てることで達成します。毎月5万円のアフィリエイト収入と言うのは、ややハードルが高く感じられるかもしれません。実際、このくらい稼げるようになるには1年くらいの作業が必要でしょう。ただ、1万円の壁を超えることができれば、その後は自然と収益は上がっていくものです。無理をせず、とにかく継続して取り組むこと。これが資産ブログで収益を生み出すための秘訣です。

転職をする目的は人により様々ですが、これからの時代は副業する時間を確保するために転職する、という考え方も一般的になってくるはずです。

まとめ

今回は、資産を築く上で最も重要となる、収入を増やす方法について見てきました。

私を含め、ほとんどのサラリーマンにとって一気に年収を上げるには、転職と副業することが最も確実です

年収が上がっても支出額を抑えることで、資産増加のペースは一気に早まります。例えば、年間1万円しか貯蓄できなかった人が、手取りの年収を100万円アップできれば、100万円貯金できるようになります。この場合、貯蓄増加のペースは100倍になったといえます。

転職と副業は、これからのサラリーマンにとって必須のスキルです。動き出さなければ何も始まりません。ぜひとも、最初の第一歩踏み出してみましょう。

-年収

Copyright© 勤め人卒業計画 , 2018 All Rights Reserved.